協議離婚で円満離婚
協議離婚
トップページ
浮気の兆候と前兆
離婚の原因
離婚の理由
都道府県別データ
年次別離婚データ
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
離婚の準備
慰謝料
財産分与
弁護士
探偵・興信所
別れさせ屋
熟年離婚
スピード離婚
ペーパー離婚
家庭内離婚
渉外離婚
芸能人の離婚
サイトマップ


[PR]

離婚でこれ以上涙を流さないために
裁判や調停離婚など、離婚のカタチにも色んな種類がありますが、協議離婚とは・・・難しい説明を省いて、簡単に言えば、夫婦の話し合いで同意して離婚が成立することです。


同意すれば役所に離婚届を提出することで離婚が成立します。


約90%が、協議離婚で、時間と費用が効率よく使えますが、その他の約10%が調停離婚と裁判離婚となっています。

この割合は、ここ30年ほとんど変わっていないようです。


双方の言い分は、さておき話し合いで解決できると簡単でスムーズですね!!


ただ、協議離婚の場合にもデメリットはあります。


それは、話し合いの内容やお互いの気持ちは別問題として協議離婚は、比較的簡単な離婚方法なので、財産分与慰謝料養育費など、子供が、いるいないによっても内容は変わりますが、後々のトラブルを避けるためにも協議離婚の際に忘れずに決めておくことをお勧めいたします。


具体的に離婚前に決めておいた方がイイと思われる、一例をあげますと、養育費、財産分与、慰謝料、親権者・・・などなど


子供がいる場合は親権者を決めないと離婚できない場合もあります。


状況により個人差はありますが、離婚後にお互いが良い方向に前向きに進んで行くためにも最低限の決め事は必要ですネ!!


もし、話し合いで決めた内容に不安がある場合は、公正証書を交わすと言う方法もあります。


公正証書とは、当事者が公正役場に行き、契約内容を示して公証人に作成してもらう公的な証書のことです。


証拠力が強く、また証書の条項に執行認諾約款といって、本契約に違反した場合には強制執行をされても異議を申し立てない、という文言があれば訴訟をすることなく、強制執行ができます。


愛し合って生涯を共に・・・と、誓い合った二人ですが、離婚となると、現実的に円満な話し合いが難しいケースもありますネ!!




記事、写真、イラスト等の複写・複製・無断転載禁止
Copyright© rikonsuru.net All Rights Reserved.