調停離婚で話がまとまらなければ審判離婚
審判離婚
トップページ
浮気の兆候と前兆
離婚の原因
離婚の理由
都道府県別データ
年次別離婚データ
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
離婚の準備
慰謝料
財産分与
弁護士
探偵・興信所
別れさせ屋
熟年離婚
スピード離婚
ペーパー離婚
家庭内離婚
渉外離婚
芸能人の離婚
サイトマップ


[PR]

離婚調停を圧倒的有利に進める項目とは
あまり聞きなれないですが審判離婚とは・・・・・


まずは下の四角で囲った文面を読んでみてください。


家事審判法第24条
家庭裁判所は、調停委員会の調停が成立しない場合において相当と認めるときは、当該調停委員会を組織する家事調停委員の意見を聴き、当事者双方のため衡平に考慮し、一切の事情を見て、職権で、当事者双方の申立ての趣旨に反しない限度で、事件の解決のため離婚、離縁その他必要な審判をすることができる。

この審判においては、金銭の支払その他財産上の給付を命ずることができる。


読まれてみてどうでした?


わかったような・・・・・


わからないような・・・・


簡単に言いますと、


当事者と調停委員が何回も何回も話し合いをしても、お互いに合意ができない場合で、離婚を成立させた方が、お互いの為だと言う状況でも、わずかな点で合意できず、このままでは、合意が成立する見込みがないと判断した場合、家庭裁判所は調停委員の意見を聴いて、職権で離婚の処分ををすることができます。


ちょっと強引な気もしますが、ひと言で言うと、双方が同意しなくても家庭裁判所が強制的に離婚を成立させ事ができると言うことです。


離婚が前提なので、現実的にお互いに歩み寄りするのは難しい状況なので、第三者による決断も必要かもしれませんね!!


なので、審判離婚というケースは、かなり少ないようです。


さらに、上記の家事審判法24条を見ていただくと、お分かりいただけると思いますが「当事者双方の申立の趣旨に反しない限度」と言うのが、とても曖昧で抽象的で判断が難しいと、言うのもあると思われます。


結果、調停が不成立な場合は、審判離婚から裁判離婚になると言うケースがほとんどだそうです。


審判確定した場合は、審判の確定と同時に離婚が成立しますので、10日以内に管轄の役所または役場に離婚届を出す必要があります。
記事、写真、イラスト等の複写・複製・無断転載禁止
Copyright© rikonsuru.net All Rights Reserved.